読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2019年のACLの出場枠が相当やばい話

2019ACL予想


2017年4月のFIFA指定日が終わりまして。日本代表はワールドカップ最終予選で二連勝。上々ではありますが。
この結果で、4/6に発表になるFIFAランキングは確定、その週はACLは行われませんので、ACL出場協会のAFCでのランキングも確定します。

大雑把な条件としては、

  • 協会トップは変わらずイラン。ここが満点の10。
  • クラブトップも(2017年になってから)変わらずUAE。ここが満点の90。

主要協会だけ取り出します。

  UAE:5.524 + 90.000 = 95.524
 韓国:8.537 + 81.992 = 90.528
 中国:5.183 + 67.488 = 72.671
 日本:8.357 + 61.948 = 70.301
イラン:10.000 + 55.103 = 65.103
 豪州:8.061 + 56.430 = 64.491

日本は代表で稼げるポイントを最大に稼いで、中国は稼げず、ここで約3.2ポイント上回っているものの。
クラブでは約5.5ポイント上回れて、トータルで約2.3ポイント負けています。

このポイント争いは、
2017年のACL、2018年のACL、2017年の代表(主にワールドカップ予選)、2018年の代表(主にワールドカップ(出られれば))の四つで今後行われますが。

「2ポイントくらい楽勝じゃん?」

と思いがちですが。
中国代表はワールドカップ予選残り三試合、どうなるか分かりませんが、そうすると、そこではポイントを稼げないものの、2018年はワールドカップと関係ないレベルでの親善試合中心となり、ポイントを稼ごうと思えば稼げます。
一方日本は、最上のシナリオとしては、ワールドカップ予選残り試合でもポイントを稼ぎ出場権獲得、本大会前の準備試合でポイントの稼げる相手に善戦、最も代表での配分比率の高いワールドカップでもポイントを稼ぐ。ですが。

代表のポイントは最大10ポイントであり、中国のみ落とし、日本のみ上がる、という可能性は薄い気がします。
差が付いても1・2ポイントの話です。イランの動向にも追従しますし。

クラブポイントがやばい。

やばさの原因は、

  • 2017年ACLで中国のクラブは無敗
  • 日本はちょいちょい落としてる

ことなんですが、(結構誤解してるかたも多いのですが)、

  • 中国は上海申花がプレイオフで敗退した分、出場クラブは3で、最終的に3で割って1クラブの平均を取る

のがやばいのです。
日本は当然(?)、ガンバ大阪がプレイオフで勝ってしまったため、4で割ります。

グループステージで中国のクラブを止められないせよ、日本の4クラブがR-16に進み、そこで中国にクラブを止めて、ベスト8・ベスト4に多く送りこむことができれば、3で割ろうが4で割ろうが大問題ではないのですが、果てして、そんなうまく行くもんでしょうか?

そして、もう一つ、

  • 最終的に2019年2020年のACL出場枠を決める2018年11月のランキングは、2015年-2018年が対象となること

です。つまり、今のランキングは、2014年-2017年のものなので、2014年の成績は切り落とされることになります。
この2014年とは、セレッソ大阪・川崎フロンターレ・サンフレッチェ広島の3クラブがR-16に進み、中国は(最終的にベスト8ですが)広州恒大のみR-16に進み、日本がポイント的に中国を上回った年であります。

  • 日本のクラブポイント累計(チーム数平均+プレイオフ)

2014年:54(13.5)
2015年:61(15.25)
2016年:42(10.5)
2017年:18.6(5.1)

  • 中国のクラブポイント累計

2014年:37(9.25)
2015年:63(15.75)
2016年:59(14.75)
2017年:23.9(8.567)

2014年の成績を切り落とし、2015-2018年の累計(2018年がゼロなので当然起こらない数字ですが)

日本:121.6(30.85)
中国:145.9(39.067)

UAEが114.6(46.1)になり、今年の成績次第ではクラブポイント満点でなくなる可能性もありますが、1クラブ当たりの数字として、この時点で中国に8.217ポイント差を付けられています。

この8.217は各クラブが直接取得(試合そのものの勝ち点と、次ステージへの進出ボーナス)できるポイントで。ほぼ勝ち点に相当します。
2017年ACLの残り試合、2018年の一つの大会で、これを挽回しないと、2019年ACLの出場枠は2+1+1。

元日の天皇杯で負けて、2019年1月23日にアウェイでプレイオフ予選二回戦の可能性高いよ?

そんな勝ち点で大丈夫?


東ティモールBAN祭り

秋のBAN祭り 春のBAN祭り
Romon de Lima Saro Romon de Lima Saro
Paulo Helber Rosa Ribeiro Paulo Helber Rosa Ribeiro
Diogo Santos Rangel Diogo Santos Rangel
Rodrigo Sousa Silva Rodrigo Sousa Silva
Patrick Fabiano Alves Nobrega Luz Patrick Fabiano Alves Nobrega Luz
Paulo Cesar da Silva Martins Paulo Cesar da Silva Martins
Jairo Pinheiro Palmeira Neto Jairo Pinheiro Palmeira Neto
Felipe Bertoldo do Santos Felipe Bertoldo do Santos
Junior Aparecido Guimaro de Souza Junior Aparecido Guimaro de Souza
Jaime Celestino Dias Braganna
Herberty Fernandes de Andrade
Thiago dos Santos Cunha

Jリーグタイトル童貞日数が一目で分かるやつ、2017年版

Jリーグ闇の数字



ナビスコ(わかってる)決勝の日程が確定したので、それまで脱童貞できるクラブがないので、2017/11/03版です。


条件は今までと変わらず、

  • 最初の10チームは1992年ナビスコカップ初戦からカウント
  • 1994年以降加入のチームはJ1(Div分割前はJリーグ)での初戦からカウント
  • J1(Jリーグ)年間タイトル、ナビスコカップ、天皇杯のいずれか優勝までの日数
  • タイトル童貞(ピンク色)は現在進行中
  • チーム名に「*」付きは脱童貞。棒グラフがチームカラーになるよ!

トピック

  • セレッソ、遂に前人未到の8000日越え
  • 福岡が広島を抜いて単独二位に


Jリーグタイトル童貞の期間がわかるやつ2017・暫定

Jリーグ闇の数字



カウント条件はここに書いてあります。
jalanjalansepakbola.hatenadiary.com

昨年末(2016年12月31日)を基準日にしたタイトル童貞の日数です。

今日(3/9)だとセレッソは前人未到の8000日越え達成です。


2017年Jリーグレプリカジャージ一覧化計画・J2編

Jリーグ闇の数字


続いてJ2編。


jalanjalansepakbola.hatenadiary.com
J1編はこちら。

オーセンティック・レプリカの分類が各クラブで違うので、現状、もっとも安く入手できるものに限定。
(サプライヤーの色はJ1と合わせていますので、いろいろご容赦)

※山口は12番印刷済み。



2017年Jリーグレプリカジャージ一覧化計画・J1編

Jリーグ闇の数字

 

(浦和の単価がACL仕様だったので訂正)

(川崎の単価がジュニア仕様だったので訂正)

まとめ第一弾。ディヴィジョン別にする意味はあるかどうか悩ましいですが、まずはJ1。

 

まず、あなたたちが「ユニフォーム」と呼ぶものは大概が「ユニフォーム」でないことを知ってください。

JFAユニフォーム規程(2017/2/1 施行版)

http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/20170201.pdf

(※色は最大限配慮してこうなったので察して)

下段がレプリカジャージ単価、上段が背番号+ネーム、税込み(のはず)

条件は、

・各クラブ公式サイトから買える値段であること

(サポータークラブ割引などは除外)

・レプリカの値段とする(甲府と磐田はオーセンティックのみ)

(川崎と清水もカタログ上はオーセンティック。同じ値段のセレッソはレプリカ扱い)

・男性Lサイズ

・背番号一桁+選手名プリント

・半袖

 

細かい分析はまあ任せますが、結構幅あるのね…。

J2編はこちら。

jalanjalansepakbola.hatenadiary.com