2017ACL→2018ACL→2019ACLへの流れを一覧化する


◆2017年ACL

決勝二試合を残すのみです。どうなりますかね。
この二試合と、11月の代表の試合で、2017年11月のAFCランキングが決まり、その順位によって、2019年・2020年のACL出場枠が決まります。

どうやら我々はACLのストレートインを一枠失ってしまったらしいという話 - ミネ月の割りとサッカーをアレする暗黒面別館

どうやら2+2になってしまったようです。

◆2018年ACL

2016年11月のランキングによって決まりますので、日本はストレートイン3+プレイオフ1です。
天皇杯とのダブりがなければ、

  • J1優勝→ストレートイン
  • 天皇杯優勝ストレートイン
  • J1二位→ストレートイン
  • J1三位→プレイオフ

になります。

グループステージの組み合わせは、

プレイオフの組み合わせは、

プレイオフは2017/01/30火曜日。グループステージ第一節は2017/02/12~14

となります。
それぞれ、どのチームが来るのかは、
ACL 2018 出場枠の行方(10月16日版) | Tassiy’s Blog:柏レイソルのことをうだうだ書くブログ
を参照してください。

◆2019年ACL

  • J1優勝→ストレートイン
  • 天皇杯優勝→ストレートイン
  • J1二位→プレイオフ
  • J1三位→プレイオフ

で、11月の代表の結果で変わる可能性はありますが、

グループステージ

プレイオフ

日程はまだ出ていませんが、2018年はロシアワールドカップとイスラムの断食月を丸々空けてますので、それよりは余裕のある日程になるのではないかと思います。
2017・2018フォーマットだと、東アジア三位はプレイオフ(ホームで一回勝てばグループステージ)からだと思いますが、以前のように、1チームはプレイオフ予選二回戦からになる可能性もゼロではないです。


どうやら我々はACLのストレートインを一枠失ってしまったらしいという話【改】

※シリアスな話ですが、やっぱりAFCの間違いでした、で全てひっくり返る可能性もあります。


jalanjalansepakbola.hatenadiary.com

2016年11月に書いたこの記事ですが、

2017-2020年のAFCのクラブの大会の出場規定として、

http://www.the-afc.com/uploads/afc/files/entry_manual_entry_manual_for_afc_club_competitions_2017-2020_14092017.pdf

これをソースにして書いたのですが、一つ、おかしな部分がありました。

「AFCは、2017年11月のランキングで、2019年と2020年の大会出場枠を決める」

今までは、

2014 Nov.→2015/2016
2016 Nov.→2017/2018

となっていましたので、

2018 Nov.→2019/2020

が正しく、誤記だろう、いずれ訂正されるだろうと思っていました。
しかし、2018年大会への組分抽選が近づいても訂正される気配がありません。AFCに直接に問い合わせましたが返答はありません。(個人の相手はしないのか、正しいものに間違ってないか?という問い合わせなので答える義務がないのかは分かりません)

そこで、SNSでいろいろと聞いて回った結果、(ここはソースが開示できませんが、結局AFCの最新のリリースが正しいと仮定すれば)

2014 Nov.→2015/2016
2016 Nov.→2017/2018
2017 Nov.→2019/2020
2019 Nov.→2021/2022

ということになるみたいです。
理由としては、

  • クラブライセンスの厳格化(と言ってる人がいるがよく分からん)
  • 秋春制のリーグへの配慮

みたいなのが挙げられていますが、個人的には納得感はないのですが、ミネ月としては、

「ああ、この人がそう言ってるんならそうだろうな」

というレベルまで来てます。

では、2017年10月18日現在の東アジアのランキングですが、
(ACL準決勝1st leg2nd legの結果と10/16のFIFAランキングに基づく)

韓国 7.500 + 80.424 = 87.924
中国 7.985 + 79.640 = 87.625
日本 9.069 + 72.561 = 81.630
日本 9.069 + 74.419 = 83.488
豪州 9.107 + 55.391 = 64.498

現状で、東アジア三位、つまり、2019年と2020年のACLは、2+2、ストレートイン2+プレイオフ2、となります。
(追記、ストレートインはJ1優勝と天皇杯優勝になる)

ACLの残り、浦和が残り三勝したとして、
ACL決勝で浦和が二勝したとして、

日本 9.069 + 75.347 = 84.416
日本 9.069 + 76.276 = 85.345

届かず…。
あとは、11月の代表二試合に勝って、韓国と中国はこけることですが、相手がブラジルとベルギー…。

(追記、浦和三連勝して、11月の代表でアジアの一位(=10.000)になっても届きません)
◆◆◆

韓国 6.646 + 80.424 = 87.070
11月代表ポイントゼロの場合

中国 8.098 + 79.640 = 87.738
11月代表ポイントゼロの場合

日本 10.000 + 76.276 = 86.276
浦和三勝、代表が間違ってアジアトップになった場合
(比率計算なのであり得ないポイントを稼いだ場合、87点代は出せる、ただし、そうとうキツい)

◆◆◆


ソースとしては弱いのですが、ゴルコムマレーシアさんは2017年11月節。


2017年J1終盤のタイトル争いに関して【上から】


AFCの2018年カレンダー
http://www.the-afc.com/uploads/afc/files/afc_competitions_calendar_2018_0.pdf


2015年・2016年・2017年と三年連続で二月開催だったACLプレイオフが、1/30開催になります。
(※ロシアワールドカップとイスラム断食月への配慮の結果)

天皇杯とのダブりのアレもありますが、基本、2017年J1を三位で終えると1/30公式戦開始です。
寒いよ(三年連続三回体験者)

※J1一位or二位or三位が天皇杯獲った場合は繰り上げで四位が対象になります。


めんどくさいのでまとめた・2017年7月25日のAFCの決定

ソース

AFC Competitions Committee’s decisions published | AFC

前半のサウジアラビアとUAE云々はめんどくさいので略。

  • インドISL(金持ちの道楽のほう)のナショナルリーグ化に伴い、

2017年Iリーグ王者→ACLプレイオフ
2017年ISL王者→AFCカッププレイオフ(フェデレーションカップの替わり扱い)

  • ACL賞金変更

優勝賞金が2018年から150万US$→300万US$に

  • 2022年ワールドカップ/2023年アジアカップ予選にカタール参加
  • 2018年 U-19選手権(2018/10/18-2018/11/04)の開催地はインドネシア
  • 2018年 U-16選手権(2018/09/20-2018/10/07)の開催地はマレーシア

2018年のAFC公式戦を時系列にメモするやつ

  • 1月

8-9 西/アセアンAFCカッププレイオフ予選一回戦(PS1)
15-16 西/アセアンAFCカッププレイオフ予選二回戦(PS2)
16 ACLプレイオフ予選一回戦(PS1)

22-23 西/アセアンAFCカッププレイオフ1(PO1)
23 中央/南/東AFCカッププレイオフ予選一回戦(PS1)
23 ACLプレイオフ予選二回戦(PS2)

29-30 西/アセアンAFCカッププレイオフ2(PO2)
30 中央/南/東AFCカッププレイオフ予選二回戦(PS2)
30 ACLプレイオフ(PO)

【2018AFCカップを強い意志で観戦に行く計画】

フォーマットは2017年と同じ見込み。中央アジアなんとかしたい。

西 中央 アセアン
PS1 1/7-8 1/23 1/23 1/7-8 1/23
PS2 1/15-16 1/30 1/30 1/15-16 1/30
PO1 1/22-23 2/13 2/13 1/22-23 2/13
PO2 1/29-30 2/20 2/20 1/29-30 2/20
GS1 2/12-13 3/6-7 3/6-7 2/13-14 3/6-7
GS2 2/26-27 3/13-14 3/13-14 2/27-28 3/13-14
GS3 3/5-6 4/10-11 4/10-11 3/6-7 4/10-11
GS4 3/12-13 4-24-25 4-24-25 3/13-14 4-24-25
GS5 4/9-10 5/1-2 5/1-2 4/10-11 5/1-2
GS6 4/23-24 5/15-16 5/15-16 4-24-25 5/15-16
地区準決勝 5/7-8
5/14-15
5-8-9
5/15-16
地区決勝 9/18
10/2
7/31-8/1
8/7-8
インターゾーン
準決勝
8/21-22
8/28-29
8/21-22
8/28-29
8/21-22
8/28-29
8/21-22
8/28-29
インターゾーン
決勝
9/19
10/3
9/19
10/3
9/19
10/3
9/19
10/3
AFCカップ決勝 10/27 10/27 10/27 10/27 10/27

そーす:
http://www.the-afc.com/uploads/afc/files/afc_competitions_calendar_2018_0.pdf

【2018年のACLの出場枠に関して、世界一信用できる話】



AFCの公式なリリースはここを参考にして頂きたいのですが、
jalanjalansepakbola.hatenadiary.com

日本勢絶賛苦戦中の2017年ACLですが、2018年の出場枠「3+1」は保障されております。

AFCのランキングでは代表とクラブの割合変更でとっくに中国に抜かれ、更に大きく差をつけれていますが、
(その辺りの詳細はここ)
jalanjalansepakbola.hatenadiary.com

繰り返しますが、来年、2018年の「3+1」は確定です。

つまり、天皇杯とのダブりが無ければ、

J1優勝→ストレートイン
天皇杯優勝→ストレートイン
J1準優勝→ストレートイン
J1三位→プレイオフ(ホームで一回勝てばグループステージ)

まあ、その先どうすんだよ、って話ですが。