【2021年ACLの日本の出場枠はどうなるの?本気で計算してみた!】


jalanjalansepakbola.hatenadiary.com

ということで、ACL出場枠のストレートイン一枠を失い、ストレートイン2・プレイオフ2にて、2019年・2020年の二年間のACLを迎えます。
次期枠更新に向けて、東アジア二位を回復したい訳ですが、実際のところ、今の立ち位置はどうなってるんでしょうか。検証致します。

◆前置き

まあ妄想とか楽観で書く訳にいかないので、最初はソースがずらずら並びます。

  • 2021年・2022年の出場枠決定

AFCからは明確なソースは出ていません。前回の更新が2017年11月であったことから、2019年11月であろうと思われます。

  • 割合

2019年・2020年はクラブ90%+代表10%にて算出されました。
2020年・2021年はクラブ100%になることが内示されております。

f:id:mineja:20180528145419p:plain

公益財団法人 日本サッカー協会2016年度第12回理事会
http://www.jfa.jp/about_jfa/report/PDF/h20161208.pdf

ここはまだ確定ではありませんし、「出場回数に応じたボーナス」もまだ付与されてませんので、変更の余地はあるかも知れません。
が、70:30→90:10は予定通り進んできたので、100:0は、まあ実施されるんじゃないでしょうか。

◆今のランキング

  • AFC公式

AFC Club Competitions Ranking | AFC
f:id:mineja:20180528145834p:plain

おなじみ、AFCランキングです。

「お、韓国とはまだ2ポイント差やんけいけるやんけ」

いやいや。
クラブ90%+代表10%になってるし、そもそもこれグループステージ途中の数字だし、ランクの下のほうみればフィリピンの成績おかしいし、一番信用できるAFC公式のランキングが一番信用きないというジレンマを我々(誰?)は常に抱えています。

◆ここからはミネ月式

ランキングの算出方法はAFC公式に書いてありますので、ここでは詳しく説明しませんが、平たく言うと試合に勝てば3ポイント、引き分けで1ポイント、次のステージに進めばボーナス3ポイントなのですが、

「豪州はマレーシアに抜かれないのか?」

みたいなケースを想像すると結局全部計算する必要があります(いや計算するのはエクセルなんですが)。
しかも、AFCカップは地区ごとに試合数が違う関係上、勝ちポイントが4.8/3.0/2.67と重みが違うので、単なるエクセルの表でもいろいろ頑張らないと意味のない数字になってしますので大変です。

  • 2018年5月28日現在のポイント

東地区のみ抽出します。本当はこのタイミングじゃないほうが良いのですが、AFCカップ含めワールドカップに向けて休止になっているので、このタイミングで上げます。

協会 100%換算 クラブポイント
カタール 100.000 71.500
中国 99.674 71.267
韓国 88.531 63.300
日本 78.951 56.450
タイ 59.091 42.250
豪州 48.531 34.700
マレーシア 34.538 24.695

R-16の抜き差しで一瞬カタールがアジアトップになってしまったので参考のために書いておきます。
ぐだぐだに日本勢(鹿島のみ残り)に対し、韓国が素のクラブポイントで6.85上。
準々決勝は全北と水原の直接対決なので、どうなってもポイントは伸びます。

  • 2019年11月

さて、上記の数字は2015年-2018年の累計ですので、これを(おそらく次回ランキング更新の決め手となる)2016年-2019年に置き換えてみましょう。要するに2015年のポイントをカットして、2019年をゼロとした数字です。2015年は韓国>日本なのですが。

協会 100%換算 クラブポイント
韓国 65.105 46.550
日本 57.622 41.200

※現状ということで、100点はカタールで計算、まあ誤差よ誤差

実ポイントで5.35韓国が上。うわーひどい。

◆挽回できるの?

挽回しないと、次期の更新も2+2で、2019年・2020年・2021年・2022年はずっと2+2になります。(お、ワールドユースみたいな話だな)

プレイオフから2クラブで、韓国を勝ち点5以上、累計で上回る必要があります。

  • 具体的には

この勝ち点5.35は一年の1クラブ辺りの数字なので、プレイオフを無事通過して4クラブ出場、韓国も4クラブの場合、

 グループステージで一勝一分(ポイント+3)
 韓国のクラブをグループステージで叩き落とす(±0)
 日本のクラブは4クラブR-16へ(ポイント+3)

で、少しお釣りがありますがこれで、各クラブが6ポイント上回り、韓国のポイントをストップさせる確実な方法です。

  • だがしかし

まあそんなうまくいかねーよな、ってのと、2018年の残りの韓国がどれだけ伸ばすかもありますので、来年ACL行くぞーってスタイルの人はまあいろいろ頑張ってください。プレイオフで負けて母数の割合を増やす手もありますけどね。

◆最後に

プレイオフ四年連続四回現地生観戦のミネ月、五回目はあるのか?
いやもう卒業…。













【この瞬間のために生きている】2018AFFスズキカップ【明日組み合わせ抽選】


スズキカップですね。

ここで、なるほどな、って顔をした人は負け組です。
スズキ自動車は南アジアサッカー選手権のメインスポンサーもやっておりますので、あちらはSAFFスズキカップ。こちらは東南アジア選手権なのでAFFスズキカップ。いや、スズキカップでいいじゃん別に。

で、ここ数回は、4チームx2グループ(会場は二ヶ国)で、一位二位が勝ち抜け、たすきかけでホーム&アウェイで準決勝・決勝だったのですが、今回から大きく形式を変えます。

毎回もにょっとするオーストラリアは今回も参加はなし。(AFC加盟のオーストラリアですが、その下は東アジアではなく東南アジアに所属になっています)で、5チームx2グループのホーム&アウェイでグループステージが行われ、一位二位が今まで通りの準決勝・決勝をやるそうです。えっ全部で何試合?大丈夫なん?

※ホーム&アウェイではなくホームorアウェイ(一回戦総当り)でした

大会の展望はまあまた別途書きますが、広島・神戸辺りはまあ大丈夫でしょうけど、札幌さん、タイ協会との綱引き大丈夫ですか?FIFAのカレンダーなんか関係ないからね。

・プレイオフ

参加国は、タイ・インドネシア・マレーシア・シンガポール・ヴェトナム・フィリピン・ミャンマー・ラオス・カンボジア・東ティモール・ブルネイ。

あれ?11じゃん?
ということで、ランク下位のブルネイ・東ティモールがホーム&アウェイでプレイオフをやって、勝ったほうが本大会出場となります。
ミネ月は今回、このプレイオフの東ティモールのホームを観戦予定ですが、まあそもそも観戦できるのか怪しいですけど、まあ何とかなるでしょう。

・Pot分け

Pot?Pod?毎回もにょっとするけど、Potですよね。この際覚えちゃいましょう。(数字は優勝回数)

 Pot1
 タイ(前回優勝、っていうか二連覇中の東南アジア最強の王者)(5)
 ヴェトナム(1)

 Pot2
 インドネシア(前回準優勝。二位五回の東南アジア最強の童貞)(0)
 マレーシア(1)

 Pot3
 フィリピン(0)
 ミャンマー(0)

 Pot4
 シンガポール(4)
 カンボジア(0)

 Pot5
 ラオス(0)
 東ティモール(0) or ブルネイ(0)

・組み合わせ

まあ何でもありですね。優勝四回のシンガポールがPot4まで落ちてしまったので、ここがどうなるか。
東南アジアメディアは、「これが最高の死のグループだ!」みたいな話で盛り上げってますけども。

僕はプレイオフの順序が決まったら早速航空券の予約に走らないといけないのでいろいろ悩んでいます。


2019年ACL出場条件に世界一詳しいブログを目指す【コンサドーレはACLの夢を見るのか?】


blog.domesoccer.jp

ということで2019年/2020年の日本からの出場はストレートイン2、プレイオフ2となりました。

  • ストレートインとプレイオフの内訳

http://www.the-afc.com/afc/documents/PdfFiles/entry-manual-afc-club-competitions-2017-2020-33728

Entry Manual for AFC Club Competitions 2017-2020 12項に従い、

12.1. To meet the sporting criteria, a club must have earned one (1) of the following
(which shall be utilised in descending order for seeding purposes for any draw):
12.1.1. winner of the national top division league;
12.1.2. winner of the national knock-out cup;
12.1.3. runner-up of the national top division league;
12.1.4. third-place of the national top division league.

2018年J1優勝、天皇杯優勝の2クラブがストレートインになります。
(UEFA CLなどは別の基準でやっているかも知れませんが、ACLはアジアクラブ選手権とアジアカップウィナーズカップ(とアジアスーパーカップ)を統合した大会なので、所謂カップ戦優勝が二番目にきます)

なので、

1 J1優勝→ストレートイン
2 天皇杯優勝→ストレートイン
3 J1二位→プレイオフ
4 J1三位→プレイオフ

はい、ここで満足の方はさようなら。以下、更に掘り下げます。

続きを読む

Jリーグタイトル童貞日数が一目で分かるやつ、2018年版


ナビスコ(わかってる)決勝の日程が2018/10/27なので、それまで脱童貞できるクラブがないので、2018/10/27版です。

条件は今までと変わらず、

最初の10チームは1992年ナビスコカップ初戦からカウント
1994年以降加入のチームはJ1(Div分割前はJリーグ)での初戦からカウント
J1(Jリーグ)年間タイトル、ナビスコカップ、天皇杯のいずれか優勝までの日数
タイトル童貞(ピンク色)は現在進行中
チーム名に「*」付きは脱童貞。棒グラフがチームカラーになるよ!

※甲府・新潟がナビスコ(わかってる)優勝の場合は脱童貞とします


2018年3月1日のAFCランキング

2/28にAFCカップ二節(アセアンと西)が消化されて、タイミングでいいので更新します。

  • 2015-2018の累計
  • 次回ACL出場枠決定は2016-2019の見込み
  • 今回からクラブ100%の成績
  • AFCカップは試合消化数が違う

という前提で。

順位 協会 100%ポイント クラブ実ポイント 備考
1 中国 100 59.767 東一位
2 カタール 99.136 59.250 西一位
3 UAE 94.032 56.200 西二位
4 韓国 87.089 52.050 東二位
5 日本 84.412 50.450 東三位
6 サウジアラビア 80.898 48.350 西三位
7 イラン 72.867 43.550 西四位
8 豪州 48.020 28.700 東四位
9 タイ 47.267 28.250 東五位
10 ウズベキスタン 39.236 23.450 西五位
11 イラク 38.371 22.933 西六位
ここまでACLストレート
12 マレーシア 37.415 22.362 東六位
ここまでACLストレート
13 タジキスタン 37.368 22.333 西7
14 シリア 31.400 18.767 西8
15 インド 30.117 18.000 西9
16 香港 26.854 16.050 東7
17 フィリピン 26.832 16.037 東8
18 ヨルダン 25.711 15.367 西10
19 ヴェトナム 21.584 12.900 東9
20 バーレーン 19.967 11.933 西11
21 シンガポール 18.581 11.105 東10
22 クウェイト 15.895 9.500 西12
23 レバノン 15.059 9.000 西13
24 トルクメニスタン 14.947 8.933 西14
25 ミャンマー 13.804 8.250 東11
26 モルディヴ 13.274 7.933 西15
27 インドネシア 11.601 6.933 東12
28 オマーン 9.955 5.950 西16
29 パレスティナ 7.278 4.350 西17
30 北朝鮮 6.247 3.733 東13
31 バングラディシュ 4.071 2.433 西18
32 ラオス 3.848 2.300 東14
33 カンボジア 3.235 1.933 東15
34 キルギス共和国 2.593 1.550 西19
35 ブータン 0.502 0.300 西20
36 アフガニスタン 0.251 0.150 西21
37 スリランカ 0.167 0.100 西22
38 モンゴル 0.167 0.100 東16
39 台湾 0.000 0.000  
マカオ 0.000 0.000  
グァム 0.000 0.000  
ブルネイ 0.000 0.000  
東ティモール 0.000 0.000  
イエメン 0.000 0.000  
ネパール 0.000 0.000  
パキスタン 0.000 0.000