【ずいぶん気の長い話ですが】2021年2022年のACLの出場枠はどうなるの?


2017年11月のランキングで、2019年2020年の日本からのACL出場枠は2+2になりました。

まだ公式ではないですが、次回の枠決定はおそらく、2019年11月だと思います
次回からはクラブのみの成績となります。

<2018年2月22日 GS三節終了>

隠し貯金はあるもの、2016-2019累計でも韓国に抜かれる。
豪州が東四位に復帰。

順位 協会 ポイント(100%換算) 実ポイント
1 中国 100 59.767
2 カタール 99.136 59.250
3 UAE 94.032 56.200
4 韓国 87.089 52.050
5 日本 84.412 50.450
6 サウジアラビア 80.898 48.350
7 イラン 72.867 43.550
8 豪州 48.020 28.700
9 タイ 47.267 28.250



<2018年2月15日 10:00時点(GS一節終了)>

タイがいよいよ東アジア四位(ストレートイン二枠!)に

順位 協会 ポイント(100%換算) 実ポイント
1 中国 100 58.267
2 カタール 97.397 56.750
3 UAE 96.024 55.950
4 韓国 85.469 49.800
5 日本 83.439 49.200
6 サウジアラビア 77.832 45.350
7 イラン 72.168 42.050
8 タイ 48.484 28.250
9 豪州 48.398 28.200

<2018年2月14日 9:00時点(GS一節途中)>

順位 協会 ポイント(100%換算) 実ポイント
1 中国 100 57.767
2 カタール 98.240 56.750
3 UAE 96.855 55.950
4 韓国 84.911 49.050
5 日本 83.439 48.200
6 サウジアラビア 78.505 45.350
7 イラン 72.793 42.050
8 豪州 48.817 28.200
9 タイ 47.173 27.250

スタート時点では僅かに韓国より上だったのですが、早くも抜かれました。もはや中国には相手すらさせてもらえず、当面は韓国のみと争いますので、直接対決で勝ち点3を渡すと非常にやばい。