2019年のACLの出場枠が相当やばい話-改【更に激烈に悪化した話】


2017年ACL4節の結果反映。

2017年4月のFIFA指定日が終わりまして。日本代表はワールドカップ最終予選で二連勝。上々ではありますが。
この結果で、4/6に発表になるFIFAランキングは確定、その週はACLは行われませんので、ACL出場協会のAFCでのランキングも確定します。

大雑把な条件としては、

  • 協会トップは変わらずイラン。ここが満点の10。
  • クラブトップも(2017年になってから)変わらずUAE。ここが満点の90。

主要協会だけ取り出します。

  UAE:5.524 + 90.000 = 95.524
 韓国:8.537 + 81.992 = 90.528
 中国:5.183 + 67.488 = 72.671
 日本:8.357 + 61.948 = 70.301
 豪州:8.061 + 57.828 = 65.889
イラン:10.000 + 55.103 = 65.103

日本は代表で稼げるポイントを最大に稼いで、中国は稼げず、ここで約3.2ポイント上回っているものの。
クラブでは約5.5ポイント上回れて、トータルで約2.3ポイント負けています。

このポイント争いは、
2017年のACL、2018年のACL、2017年の代表(主にワールドカップ予選)、2018年の代表(主にワールドカップ(出られれば))の四つで今後行われますが。

「2ポイントくらい楽勝じゃん?」

と思いがちですが。
中国代表はワールドカップ予選残り三試合、どうなるか分かりませんが、そうすると、そこではポイントを稼げないものの、2018年はワールドカップと関係ないレベルでの親善試合中心となり、ポイントを稼ごうと思えば稼げます。
一方日本は、最上のシナリオとしては、ワールドカップ予選残り試合でもポイントを稼ぎ出場権獲得、本大会前の準備試合でポイントの稼げる相手に善戦、最も代表での配分比率の高いワールドカップでもポイントを稼ぐ。ですが。

代表のポイントは最大10ポイントであり、中国のみ落とし、日本のみ上がる、という可能性は薄い気がします。
差が付いても1・2ポイントの話です。イランの動向にも追従しますし。

クラブポイントがやばい。

やばさの原因は、

  • 2017年ACLで中国のクラブは無敗(上港がようやく負けました)
  • 日本はちょいちょい落としてる(ちょいちょいどころじゃない)


ことなんですが、(結構誤解してるかたも多いのですが)、

  • 中国は上海申花がプレイオフで敗退した分、出場クラブは3で、最終的に3で割って1クラブの平均を取る

のがやばいのです。
日本は当然(?)、ガンバ大阪がプレイオフで勝ってしまったため、4で割ります。

グループステージで中国のクラブを止められないせよ、日本の4クラブがR-16に進み、そこで中国にクラブを止めて、ベスト8・ベスト4に多く送りこむことができれば、3で割ろうが4で割ろうが大問題ではないのですが、果てして、そんなうまく行くもんでしょうか?

そして、もう一つ、

  • 最終的に2019年2020年のACL出場枠を決める2018年11月のランキングは、2015年-2018年が対象となること

です。つまり、今のランキングは、2014年-2017年のものなので、2014年の成績は切り落とされることになります。
この2014年とは、セレッソ大阪・川崎フロンターレ・サンフレッチェ広島の3クラブがR-16に進み、中国は(最終的にベスト8ですが)広州恒大のみR-16に進み、日本がポイント的に中国を上回った年であります。

  • 日本のクラブポイント累計(チーム数平均+プレイオフ)

2014年:54(13.5)
2015年:61(15.25)
2016年:42(10.5)
2017年:18.6(5.1)22.6(6.1)

  • 中国のクラブポイント累計(チーム数平均+プレイオフ)

2014年:37(9.25)
2015年:63(15.75)
2016年:59(14.75)
2017年:23.9(8.567)27.9(9.9)

2014年の成績を切り落とし、2015-2018年の累計(2018年がゼロなので当然起こらない数字ですが)

日本:121.6(30.85)125.6(31.85)
中国:145.9(39.067)149.9(40.4)


UAEが114.6(46.1)119.6(47.35)になり、今年の成績次第ではクラブポイント満点でなくなる可能性もありますが、1クラブ当たりの数字として、この時点で中国に8.2178.55ポイント差を付けられています。

この8.2178.55は各クラブが直接取得(試合そのものの勝ち点と、次ステージへの進出ボーナス)できるポイントで。ほぼ勝ち点に相当します。
2017年ACLの残り試合、2018年の一つの大会で、これを挽回しないと、2019年ACLの出場枠は2+2。

二月最初の夜の試合はくっそ寒いよ?

そんな勝ち点で大丈夫?