読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【で、2017年のACLの出場枠ってどうなるのよ?】-改


◆2017年のACLの出場枠って3+1じゃないの?

日本勢のACL出場枠は3+1現状維持 ハリルジャパンの頑張りが反映 : スポーツ報知

こういう無責任な記事がまかり通っている、生きづらい世の中ですが、2017年ACLの出場枠は確定していません。

AFC Competitions Committee decisions | AFC

AFC公式に書いてありますが、

The Competitions Committee was persuaded by the fact that only a small proportion of the West Zone AFC Champions League matches would be impacted. The Committee also agreed that the allocation for the AFC Champions League places for both the 2017 and 2018 seasons would be decided by the AFC MA ranking on November 30, 2016.

・ACLの出場枠の決定は11/30発表のAFC MAランキング
(つまり11月の代表の試合、ACL決勝も対象)
※そもそもアジアのランキングをしようっていうのに、ACL決勝が対象にならないのがおかしい
・今回のランキングで決まる枠は、2017年/2018年の二大会

が唯一の正しいソースです。

で。

じゃあ今のポイントがどうなっているかというと、

・ACL決勝の結果を含めない
(日本・中国・豪州は決勝に残っていないので、加点はないけど、ポイントリーダーの韓国が加点すると比例で三カ国ともポイントは減る。ただし微減なので最終順位には影響しない
・48ヶ月前、2012年11月のFIFAポイントを削除(つまり47ヶ月分)

したポイントは以下のようになります。(11/10のイランvパプアニューギニア、11/11の日本vオマーンは算入済み)

日本:52.310 + 21.329 = 73.639
中国:57.617 + 15.368 = 72.985
豪州:49.362 + 24.155 = 73.517

オマーン戦前は東アジア四位でしたが、11/11に中国・豪州が親善試合を組まなかったので、その試合のポイント(とアジアリーダーイランの加点による変動)で東アジア二位となりました。


◆なんで毎月毎月ピンチが来るの?

クラブ70%、代表30%というポイント制度のため、

・クラブポイントで圧倒的優位の中国はそもそも優位
・代表ポイントは48ヶ月前のポイントを切り落として、今月のポイントを加算する
→日本は前回ワールドカップ予選の貯金を食いつぶしている。中国はそもそも48ヶ月前の貯金がないので加点だけ当てにできる。
 豪州も切り落とされるのは同じだけど、アジアカップで預金がある。そもそも今回予選でまだ負けてない

クラブポイントで中国に劣り、代表ポイントで豪州に劣る日本は非常に中途半端な立ち位置にいます。
振り返れば、シンガポールに引き分け、UAEに負けたのが痛いと言えば痛いのですが、まあ済んだことを悔やんでいても仕方がありません。

◆じゃあどうすればいいの?

現時点(2016/11/10 10:55)では東アジア二位ですが、これは、11/15の試合で中国・豪州が勝てば再度四位に落ちる数字です。

東アジア二位を自力で確保するためには、

サウジアラビアに勝つ。

これが最大にして唯一の解です。


引き分けだと、イラン次第な部分もありますが、中国・豪州が勝ってもその上を行くのは、「サウジアラビアに勝った場合」のみです。

jalanjalansepakbola.hatenadiary.com
細かいシミュレーターはここにあります。

◆東アジア二位から転落したら

jalanjalansepakbola.hatenadiary.com

ストレートインは二枠となり、ACLプレイオフ予選二回戦からの出場となります。

2017年は2017/01/31
2018年は2018/01/23

が、試合予定日です。